外壁工事で家の安全性を高める

かかる費用の種類

かかる費用の種類 外壁リフォーム工事は、費用の相場が広いと言われています。その理由は、外壁リフォームには3つの種類があるからです。
補修・塗装・新調の3つの工事内容があります。補修は、外壁のひび割れの補修や、外壁が剥がれた剥離後の補修などがあります。シーリング(クッション材)の交換程度なら40万円ほどで工事可能です。
塗装は、建物を家をコーティングし、雨風などから守るために行います。高圧洗浄(真水で表面の汚れを落とし、汚れの上から塗装を重ねないようにする処理)を行い、補修工事をして塗装します。80万円から150万円ほどかかるのが相場です。外壁リフォーム工事にはこのような軽度のものから大規模なサイディングボードの交換を行う新調工事もあります。
新調工事は交換だけでなく、重ね張りもあります。費用は一番高額で、150万円から300万円くらいかかります。工事にかかる金額が全く違うため、自分の家にはどの工事が最適か、正しく見積もってくれる信頼できる誠実な業者に依頼する必要があります。

外壁リフォームで採用されることが多いカバー工法の費用の目安とは

外壁リフォームで採用されることが多いカバー工法の費用の目安とは 外壁リフォームを行う場合に、どのような工法を採用するかによって、大きな違いが生じます。ただ一般的な外壁リフォームで採用されている工法が存在し、それがカバー工法となります。
この工法の特徴は既存の外壁に、重ね合わせるような感じで新しい外壁素材を上張りする形になり、カバーをする形で仕上げていきます。費用も外壁を撤去する必要性もほとんどないので、格安な料金で施工することができる点でも人気の工法の一つになります。
一般的なカバー工法の相場は、戸建て住宅の外壁の面積によって違ってきますが、100〜200㎡であれば100~250万の範囲で収まります。実際に既存の外壁にサイディングボードを張り合わせる形で施工を行っていきますが、窯・金属・木製・樹脂の素材に分けることができますが、一番㎡あたり割高になるのが樹脂です。
比較的に料金がかかりにくいのは、窯系でできたサイディングボードとなり、㎡あたり4~5千円となります。外壁リフォームの費用を安くする場合には、窯系のサイディングボードを使用することが理に適っています。

-->